収益物件についてまとめています

  • 収益物件の利回りについて

    • 投資に対してどのくらいのリターンを見込めるのかを表す数値に、利回りというものがあります。
      これは、パーセンテージで表示され、預貯金や証券など、投資全般で用いられますが、収益物件でも投資の参考として用いられています。
      この利回りには、表面利回りと実質利回りがあります。

      前者は、年間の家賃収入を物件価格で割った数値です。
      つまり、収益物件価格の内一年間でどれくらい回収できるのかといった割合を示しています。
      後者は、より実質的に利回りを見る方法です。


      つまり、家賃収入を得られるからと言って、その分経費が掛かりますし、購入する際にも登録免許税などの付随費用が掛かっています。そのため、それらを考慮に入れて計算します。

      具体的には、家賃収入から諸経費を引いた数値を、購入に要した費用の総額で割ることで、実質的な利回りを知ることができます。
      収益物件を購入する際に見ておきたいのは、やはり実質利回りです。
      いかにに家賃が高く、表面利回りが良かったとしても、管理にかかるコストが高ければ投資金額は回収できません。
      その点、実質利回りであれば実態を的確に把握することができるので、冷静な投資判断を可能とします。

      これらの数値は、実際に不動産を扱っている業者が算出して表示している場合もありますが、確実に利益を上げたいのであれば、自分で計算しておくと安心です。


      計算式は前述の通りシンプルな方式なので、かかるコストさえ把握することができれば、容易に算出することができます。

















  • 関連リンク

    • 収益物件とは、賃貸に出して利益を上げる目的で購入される不動産のことを言います。例えば、駐車場やアパート経営、マンション経営などの目的で購入される土地、建物がそれに該当します。...

    • 収益物件とは、自分が住んだり利用したりする目的ではなく、投資目的で購入する不動産のことを言います。例えば、営業用の建物を貸して、そこから得られる利用料を収益とすることや、アパートを賃貸して、家賃から主益を上げる物件のことです。...