収益物件についてまとめています

  • 収益物件の特徴について

    • 収益物件とは、自分が住んだり利用したりする目的ではなく、投資目的で購入する不動産のことを言います。

      例えば、営業用の建物を貸して、そこから得られる利用料を収益とすることや、アパートを賃貸して、家賃から主益を上げる物件のことです。
      収益物件の特徴は、初期投資がかかるという点にあります。その物件を借りる人を集めるためには、魅力がなければなりません。そのため、必要に応じて改装をしたり設備を整えたりして、利用者が満足する物件に仕立て上げていく必要があります。

      ただし、取得するのにすべてが初期費用をかける必要があるとは限りません。
      以前所有していた人から、安い額で譲り受ける場合もあります。また、不動産競売手続きで入手すれば、状態が良い物件でも低額で取得することが可能です。収益物件を購入する際に注意すべき点は、将来性があるのかといった点です。


      仮に最初のうちに利益を上げられていたとしても、それが継続して行けるとは限りません。


      また、建物によっては耐久性も下がっていくので、いずれは取り壊さなくてはならなくなります。

      したがって、どれくらいの期間収益をあげられるのかという視点は、収益物件を購入するうえでは欠かせません。そして、投資した分の費用を、どのくらいの期間で回収できるのかという点も考慮しておくべきです。

      購入に大きなお金が動くため、回収にあまりに長期間かかるのであれば、手持ちの資金が枯渇しかねません。


      したがって、あらかじめ資金計画を立てる時に、考慮しておくべきです。

















  • 関連リンク

    • 投資に対してどのくらいのリターンを見込めるのかを表す数値に、利回りというものがあります。これは、パーセンテージで表示され、預貯金や証券など、投資全般で用いられますが、収益物件でも投資の参考として用いられています。...

    • 不動産投資用の収益物件を選ぶ際には重要な様々なポイントがあります。まず具体的に選ぶ前にある程度の余剰資金が必要になります。...